幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現する超実戦的方法

MENU

SPI:非言語 頻出問題3『分割払い』

出題傾向と問題の概要

適性検査・筆記試験の対策・SPI|幸せなサラリーマン講座テストセンターで出題可能性のある問題です。

 

 実際の金額は問題には出てこず、比率だけで計算することになります。

 

出題サンプル

 

自動車の購入を決めた。一括払いをした場合は定価の1/9が割り引かれた金額だが、5年間毎月均等の分割払いだと定価の1/6増しを支払う計算になる。

 

(1)一括払いと分割払いでは、支払総額の差は定価のどれだけにあたるか。

 

  1/15    1/12    2/15    2/9  
  4/15    5/18     7/18    7/12  
  11/15   A~Iのいずれでもない

 

(2)分割払いの場合、月々の支払額は定価のどれだけにあたるか。

 

  1/70     1/54     1/45    3/200  
  7/360    7/300     5/180    7/36  
  7/30    A~Iのいずれでもない

解答

 

(1)
定価をX円とすると、一括払いの割引額は1/9X円、分割払いの割増額は1/6X円だから、支払総額の差は、1/9X+1/6X=5/18X となる。
したがって、正解はF.5/18
(2)
定価をX円とすると、分割払いの総支払額は(1+1/6)X=7/6X。
これを60ヶ月で均等割すると、7/6X÷60=7/360X。
したがって、正解はE.7/360


転職特別講座STAGE0