幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現する超実戦的方法

MENU

SPI:非言語 頻出問題2『損益算』

出題傾向と問題の概要

適性検査・筆記試験の対策・SPI|幸せなサラリーマン講座テストセンターペーパーテストの両方で出題可能性のある問題です。

 

 原価、利益、定価などを計算します。

 

出題サンプル

 

(1)定価800円の商品Aを10%引きで販売したところ、原価の20%の利益を得た。商品Aの原価はいくらか。

 

  230円    360円    510円    600円  
  750円    880円    920円    1,100円  
  1,210円   A~Iのいずれでもない

 

(2)商品Bは1個につき原価に150円の利益をのせて定価とした。商品Bを定価の2割引で5個販売したところ、利益は200円となった。商品B1個の原価はいくらか。

 

  160円    210円    290円    380円  
  400円    480円    550円    600円  
  660円   A~Iのいずれでもない

解答

 

(1)
不明なのは原価のみであり、これをX円とする。
800円×0.9=X×1.2
X=800円×0.9÷1.2=600円

したがって、正解はD.600円

(2)
原価と定価の両方が不明であり、原価をX円、定価をY円とする。
Y=X+150円…(1)
また、5個割引販売した利益が200円だから、1個あたりの利益は40円。
0.8Y=X+40円…(2)
(1)-(2)より、0.2Y=110円、よってY=550円。
求めるのは原価Xだから、(1)より550円-150円=400円。

したがって、正解はE.400円


ブランディング転職プロジェクト