幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

履歴書パート別解説:本人希望記入欄

自由に希望を書くのはNG

 

JIS規格の履歴書では、

 

(特に給料・職種・通勤時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入)

 

と表記されています。しかし、

履歴書の技術・自由に希望を書いては|幸せなサラリーマン講座

 

「『本人希望記入欄』なのだから、正直に希望を書いていいんでしょ」

 

と思っていると失敗するのがこの欄です。

 

 

その理由を一言で言うと、

 

この欄に希望条件を並べ立てると、採用しづらい人材だと思われる

 

からです。

 

履歴書・本人希望欄|幸せなサラリーマン講座

 

ここで本音を書いて、もしそのために書類選考で落とされたら、そこで終わりです。

 

給与などの本当の希望条件については、面接に進んで採用が近づいた段階で出していくのが賢明でしょう。

 

(ただし、複数の職種が同時に募集されている場合に応募職種を明記するのはOKです)

本人希望記入欄のお勧めの使い方

 

したがって、ホンネはともかくとして、ここでは「(希望は)特になし」とするか、あるいは下記の第1、2例のように、「採用しやすい(好ましい)応募者ととらえてもらうために積極的に活用する」のがお勧めです。

 

履歴書・本人希望欄|幸せなサラリーマン講座

 

また、本来の目的とは少々異なりますが、第3例のように通信欄的な使い方をしたり、あるいは失業期間や退職理由などについてこの欄で補足説明することもできるでしょう。

 

どうしても譲れない条件がある時は

 

とは言え、あなたにどうしても譲れず、それが満たされない限り入社はあり得ないという特別な条件がある場合は、予め明記する必要があるでしょう。

 

たとえば、「家庭の事情で引っ越しができない/残業ができない」等といった場合がそれです。

 

そうした特別な条件を隠して書類選考を通過したり、あるいは採用に至っても、求められる仕事を全うできないのであれば意味がありませんので、会社がそれを認めてくれるのか可否を問う必要があります。

 

ただ、そうした条件を明記することで採用の可能性が厳しくなることは覚悟しなければなりません。

 


転職特別講座STAGE0


よく読まれる関連ページ

履歴書の意義と役割とは
履歴書作成の基本ルール
あなたのイメージを左右する:履歴書における写真の重要性
好まれる履歴書写真を撮影するためのポイント
低コストで履歴書の写真を量産する方法(その1)
低コストで履歴書の写真を量産する方法(その2)
実際にやってみました:低コストで履歴書の写真を量産する方法
履歴書パート別解説:氏名・連絡先欄
履歴書パート別解説:学歴欄
履歴書パート別解説:職歴欄(基本)
履歴書パート別解説:職歴欄(多い社歴/少ない社歴)
履歴書パート別解説:職歴欄(派遣社員/パート・アルバイト)
履歴書の2枚目の役割と構成
履歴書パート別解説:免許・資格欄
履歴書パート別解説:趣味・特技欄
履歴書パート別解説:志望動機欄(基本編)
履歴書パート別解説:志望動機欄(実践編)
履歴書パート別解説:志望動機欄(パターン編)
履歴書パート別解説:志望動機欄(NG編)
送付状の意義と役割
送付状の基本
送付状パート別解説:宛先・応募者情報
送付状パート別解説:時候の挨拶/同封書類リスト
送付状パート別解説:本体部分(応募の主旨・経緯)
送付状パート別解説:本体部分(自己紹介・PR/面接依頼)
推薦状の意義と用意の仕方
推薦状の注意点