幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

履歴書パート別解説:志望動機欄(NG編)

こんな志望動機は書いてはいけない

 

履歴書の技術・NGの志望理由|幸せなサラリーマン講座

最後に、ありがちな、そして評価されない志望動機の表現例を紹介しておきましょう。

 

履歴書は「失点を防いで少しでも得点を稼ぐ」べき書類です。

 

NGの志望動機を書いてしまって失点するのは非常に痛いことですから、あなたの志望動機が当てはまっていないか、ここでチェックしておきましょう。

NGの可能性が高いフレーズ

 

  • 「御社で今までの経験を活かして」
  •  

  • 「御社の将来性に魅力を感じ」
  •  

  • 「御社の事業内容に興味を持ち」
  •  

  • 「御社で自己実現したいと思い」
  •  

  • 「御社の社風に合っているので」
  •  

  • 「御社はあこがれの企業であり」
  •  

  • 「御社で◯◯を身につけたい(成長したい)」

 

あなたもドキっとしたのではありませんか?

 

上記の例が問題である理由は一様ではありませんが、ほぼ共通して言えることは、

 

抽象的で具体性がない

 

ということです。

 

耳障りが良くてそれらしいので便利に使ってしまいますが、「要するにどういうことか」が足りないのです。

 

逆に言えば、「今までの経験」「事業内容に興味」などは、自分の言葉具体的な中身をしっかり説明するなら、決してNGではありません。

 

 

また、「将来性に魅力」や「社風に合っている」「あこがれの企業」などは、

 

ただ自分にとって好ましい会社だから入りたい

 

という、自分本位で主体性の無い動機であるため、それだけでは評価は得られません。

 

 

「自己実現したい」「◯◯を身につけたい(成長したい)」などは、一見ポジティブで良さそうにも思えます。

 

しかし、「会社に貢献する」「利益をもたらす」という視点を伴っていないため、やはりそれだけでは評価を得ることは難しいでしょう。

 

また、中高年の方の場合は基本的に「即戦力」であることを期待しての採用となりますので、「入社後の成長」を志望動機に盛り込むのは逆効果であることに注意が必要です。

 

 

 

上記のNG例は、あくまでも「そのフレーズ単体では志望動機として成立しない」という例です。

 

説得力のある説明を伴ったり、あるいは志望動機の一部としてなら成立する可能性はあります。

 


ブランディング転職プロジェクト


よく読まれる関連ページ

履歴書の意義と役割とは
履歴書作成の基本ルール
あなたのイメージを左右する:履歴書における写真の重要性
好まれる履歴書写真を撮影するためのポイント
低コストで履歴書の写真を量産する方法(その1)
低コストで履歴書の写真を量産する方法(その2)
実際にやってみました:低コストで履歴書の写真を量産する方法
履歴書パート別解説:氏名・連絡先欄
履歴書パート別解説:学歴欄
履歴書パート別解説:職歴欄(基本)
履歴書パート別解説:職歴欄(多い社歴/少ない社歴)
履歴書パート別解説:職歴欄(派遣社員/パート・アルバイト)
履歴書の2枚目の役割と構成
履歴書パート別解説:免許・資格欄
履歴書パート別解説:趣味・特技欄
履歴書パート別解説:志望動機欄(基本編)
履歴書パート別解説:志望動機欄(実践編)
履歴書パート別解説:志望動機欄(パターン編)
履歴書パート別解説:本人希望記入欄
送付状の意義と役割
送付状の基本
送付状パート別解説:宛先・応募者情報
送付状パート別解説:時候の挨拶/同封書類リスト
送付状パート別解説:本体部分(応募の主旨・経緯)
送付状パート別解説:本体部分(自己紹介・PR/面接依頼)
推薦状の意義と用意の仕方
推薦状の注意点