幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

Vol.8 転職と結婚

 

このテーマについて語ると気に障る方がいるかもしれないが、日々の所感をありのままに綴るコーナーなので切にご容赦を願いたい。

 

コンサルタントとして日々実感する1つの事実。

 

それは、

 

転職コンサルティングの受講者には独身の方が非常に多い

 

ということだ。

 

正確にカウントしたことはないが、コンサル受講者のボリュームゾーンである40代の方でも、おそらく2人に1人程度は独身者ではないかと思われる。

 

統計的にはこの年代の独身者率は20%台であることを考えると、格段に高い割合と言える。

 

はっきりとした原因はわからないが、思い当たることはある。

 

転職とはリスクを伴う行動である。

 

結婚していれば家族を養うために転職を思い留まる抑止力が働くが、独身であれば自分の一存で自己責任で会社を辞めることは簡単だ。

 

だから独身の方は自ずと転職回数が増えやすくなる面があるだろう。

 

ところが、転職によってポジションや待遇がアップすることもあるが、そうしたキャリアアップ転職は容易なことではない。

 

転職によってキャリアがリセットされ、転職前よりも低い待遇に甘んじる人は少なくないし、転職を繰り返すごとにキャリアダウンになっていく人もいる。

 

そうなると、現実問題として経済的に結婚を考えることができなくなるだろう。

 

リーマン・ショック以後は年収相場もかなり下がっているため、その傾向は強くなっていると推測される。

 

 

結婚しないから転職できるのか。

 

転職するから結婚できないのか。

 

卵が先か鶏が先か。

 

 

もちろん、上記の話は根拠があるものではなく、またすべての人に当てはまるわけではないので悪しからず。

 


ブランディング転職プロジェクト