幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

Vol.23 夢と希望

転職と一言で言っても、目指すゴールは人によって大きな違いがある。

 

誰もが知るような大企業しか考えない人もいれば、中小零細企業でも構わない人もいる。

 

年収にしても然りだ。

 

どこを目指し、何で満足するかは個人の自由だが、それを採用側が受け入れるかどうかは別の話だ。

 

 

転職支援をしていると、こうした、

 

レベルのミスマッチ

 

の場面にしばしば出くわす。

 

つまり、学歴や職歴から見て現実的に難しいレベルの求人を追いかけるケースだ。

 

これは特に、社会経験の短い若年層に多い。

 

 

たしかに、誰でもできれば希望する会社に入りたいし、私もそうなってくれたら嬉しいと思う。

 

しかし、「どうがんばっても無理」という壁は残念ながら現実としてある。

 

それを追いかけ続けることは、貴重な時間と労力の浪費であるし、それよりももっと自分にマッチし、自分を活かせる職場を目指し、そこで働く方が本人にとって幸せだと思う。

 

 

転職コンサルとしては、そうした「夢と希望」と「現実」をどう折り合わせるかに苦心する。

 

最初から「それは無理だからやめておけ」と言っても、本人は納得できないだろうし、「万に一つ」ということも無いとは言えない。

 

そこで、見通しの厳しさは伝えつつも、しばらくは本人の希望を優先して思うままチャレンジさせておく。

 

そうすれば、いずれ転職市場における「自分の立ち位置」がわかってくるので、適当なタイミングを見計らって、応募方針の見直しをアドバイスしていくのだ。

 

 

しかし、受講者の中には、私のアドバイスを受け入れられず、コンサルティングからフェイドアウトしていった人もいる。

 

その人にとってみれば、私は、

 

「お金を払っているのに自分の希望をサポートしてくれないダメなコンサルタント」

 

だったのだろう。

 

そうした受講者がその後納得できる着地点を見つけ、充実した仕事をしてくれていれば良いのだがと思う。

 

 

転職市場は、CMや広告がイメージさせるように甘いものではない。

 

常に「自分の市場価値」という現実と向き合わないといけないのだ。

 


ブランディング転職プロジェクト