幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

Vol.17 リピーター

一般的には、同じお客さんから何度も注文を頂けるということは、大変好ましいことである。

 

実際に商品やサービスを体験した上で評価されたということだからだ。

 

私も、以前コンサルティングを受けて頂いた方から、また受講のお申し込みを頂くことは少なくない。

 

これも私の支援を信頼して頂いているという証拠であり、大変ありがたいことではある。

 

しかし、私の仕事が転職支援であることを考えれば、単純に喜んでばかりはいられない。

 

当然ながら、私に再び声が掛かるということは、一緒に苦労してせっかく入った会社を退職される(された)ということだからだ。

 

いつもごひいきにありがとうございます!

 

と笑顔で言える商売ではないのだ。

 

 

支援から何年も経っていればまだしも、1年も経たないうちに再転職せざるを得なくなったような場合はなおさらだ。

 

厳しい転職市場を勝ち抜いて希望の職場を手に入れるにも、その会社に入って新しい環境に慣れるにも、膨大なエネルギーが必要である。

 

そして、せっかく入った会社に別れを告げ、新たな職場探しに向かうにもまた、膨大なエネルギーが必要になるのだ。

 

そのことを思うと、その会社に入る手伝いをした者として、早期に退職・転職せざるを得なくなった責任の一端を感じざるを得ない。

 

もっとコンサルティングのスキルを上げ、少しでも再転職の必要が生まれないようにがんばらなければ。

 

 

コンサルティングが終わる時、私はよく、

 

今後二度とお目にかからないことを願っています。

 

と受講者に話す。

 

半ば冗談であるが、半ば本気で言っている。

 

せっかくご縁を頂き、共にがんばった受講者を、私は戦友のように感じている。

 

 

でもこの仕事では、「今生の別れ」となるのが一番良い。

 

 


ブランディング転職プロジェクト