幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

しゃべり上手な人が面接をクリアできるのか

口下手なYさんの転職活動

 

私のコンサルティングの受講者の中で、面接に関してとても印象深い人がいました。

 

Yさんという40代の男性です。

 

Yさんは実務経験が豊富で難関資格も持つ、その道のエキスパートでした。

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

ただ、彼には1つだけ悩みがありました。

 

それは、「話すのが苦手」かつ「強いあがり症」であり、面接に対して強い不安があったのです。

 

しかも、Yさんは転職経験が無かったため、面接の経験もまたほとんど無かったのでした。

 

 

実際、私がコンサルティングを行っている時も、Yさんは能弁からは程遠く、スムーズに言葉が出てこずにもどかしい様子でした。

 

確かに面接では苦労するかもしれないな…

 

まずはできるだけ有利な状況で面接に臨めるように、応募書類は徹底的に作りこみ、Yさんの強み・良さが最大限に伝わるように準備しました。

 

準備の甲斐あって、予想以上に順調に面接が入ってきましたが、あとはいかに面接をクリアするかです。

 

もちろん、Yさんの希望に沿って、想定問答を始めとした面接対策も入念に行いました。

 

そして、実際に面接に臨んだYさんに手応えを確認したところ…

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

全然ダメでした…言いたいことが全然言えなくて、あっという間に終わってしまいました。_| ̄|○ 」

 

という、落ち込んだ返事が返ってきたのです。

 

2社、3社と面接を経ても、Yさんの表情は曇ったままでした。

思わぬ面接結果

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

ところがです。

 

本人の自己評価に反して、面接の結果かなり良好なものでした。

 

多くの企業で最終面接に進み、第一志望を含む複数の企業から内定を獲得することができたのです。

 

面接に苦戦するどころか、私のコンサルティングの受講者の平均を大きく上回るクリア率でした。

 

この結果には私も少々驚き、詳しく話を聞いてみました。

 

すると、人材紹介会社のコンサルタントからは、応募企業の担当者の次のような評価を聞かされたそうです。

 

Yさんは高い業務スキルを持っている上に、非常に温厚で誠実な人柄であり、ぜひ一緒に働きたいと思った

 

そう、Yさんは決して能弁でも流暢でもありませんでしたが、面接での飾らない朴訥とした話しぶりは、多くの企業でむしろ好ましいものとして受け止められていたのです。

 

(もちろん、そうした人物評価も、高い業務スキルの裏付けがあってのことなのも事実ですが)

 

 

面接をクリアできる人というのは、

 

淀みなく適切な説明を行える人

 

というイメージをどうしても抱きがちです。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

でも、Yさんのケースはけっしてそうではないことを教えてくれます。

 

ゆっくりでも、ぎこちなくても、自分の強みを着実に伝えることができれば、採用への道は開けるのです。

 

 

企業が採用したいのは、「話がうまい人」ではなく「仕事ができる人」なのですから。

 

 

あなたが話すことに苦手意識があっても、真剣に取り組めば、道は開けます。


ブランディング転職プロジェクト