幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

面接が終わった後にできる面接対策2

面接が終わった後にやるべきこと

 

面接が終わった後にやるべきことは、礼状を出すことだけではありません。

 

今後の面接を少しでも有利に進めるために、面接直後にやっておくべきことがあります。

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座面接終了直後にやるべきこと

 

面接の本編が終わったら、気を抜かずに面接官に次のことを確認しましょう。

 

  • 選考結果の連絡日

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

今回の面接の選考結果が、いつ頃どんな手段で連絡されるのか、必ず確認しましょう。

 

この時点では不明なこともありますし、予定通りにいかないこともよくありますが、今後の活動予定を立てるため、できるだけ情報をもらうようにします。

 

特に最終面接が終わり、内定が出るかどうかの段階では、他の候補企業との面接・交渉にも影響しますので、注意しましょう。

 

  • 面接官の氏名

こちらは必須ではありませんが、可能であれば面接官の氏名を聞いておきましょう。

 

今後連絡を取る必要が出る可能性もありますし、面接の礼状を送るためでもあります。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座面接から帰ってからやるべきこと

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

面接当日は疲れているでしょうが、受けっぱなしで終わっては、貴重な面接機会を活かすことにはなりません。

 

必ず記憶の新しいその日のうちに復習をし、その後の面接対応の改善につなげましょう。

 

具体的には、エクセルなどを使って下記のようなデータ管理をしておくと良いでしょう。

 

  • 実施日時
  • 会社名
  • 面接担当者名、肩書き
  • 所要時間
  • 面接全体の感想・手応え
  • 主な質問項目
  • うまく答えられなかった質問
  •  ・それに対する実際の回答
     ・どのように回答すべきだったか

  • その他問題点と改善策
  • その他気づいたこと
  • 礼状送付の有無
  • 選考結果連絡予定

 

特に大切なのは、「うまく答えられなかった質問」の振り返りと、回答の検討です。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

今後面接で同じような質問をされた時に、うまく答えられるように準備をしておく。

 

この地道な作業を繰り返していくことで、面接の対応力が確実にアップしていきます。

 

逆に、うまく答えられなかった質問をそのまま放置しておくと、何度も同じような失敗をして、貴重な面接機会をムダにすることになります。

 

 

また、上記の個別企業の面接データの管理とは別に、共通のデータベースである「想定問答」ファイルも随時更新・追加していきましょう。

 

 

面倒でも、復習と対策を怠らない人が、最終的に転職活動の勝者になります。


転職特別講座STAGE0