幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

面接原論:面接キソのキソ

面接なんてこわくない

 

面接を嫌う人は少なくありません。

 

私も「アガリ症」なので、気持ちはよくわかります。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

面接官様」から根掘り葉掘り質問されて、シドロモドロになる様を思い浮かべると、逃げ出したくなっちゃいます。

 

あなたも、面接に苦手意識があるから、このページを読んでいるのかもしれませんね。

 

 

 

でも、あなたに直接会って見極めたいと思われたからこそ、あなたを面接に呼んでくれたのです。

 

あなたは、面接官の時間と手間を割く価値があると判断された人なのです。

 

まずそのことに自信を持ちましょう。

 

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

面接を受けられることになって、やっとちゃんと選考してもらえる、ということを喜びましょう。

 

だって、書類選考までは、あなたは紙の上で審査されるだけで、直接人となりを見てもらうことはできなかったんですから。
これでようやく、実物のあなたを見た上で判断してもらえるんです。

 

それで落ちたら本望じゃありません?(苦笑)

それから、面接って、一方的に問い詰められるだけの場所ではありません。

 

面接官」と「受験者」と、立場は違いますが、あなたは人対人として直接対話できる権利を得たのです。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

自分のことを自分の口で説明することも、聞きたいことを直接聞くことだってできるのです。

 

そう、あなたは「同じ土俵」に立てるんです!

 

 

 

何回も面接を受けるなんてウンザリだ」

 

なんて思うかもしれませんが、1回会っただけで判断されてしまうより良いと思いませんか?

 

面接が1回で終わってしまったら、落ちたら落ちたで「ちゃんと見てくれたのか」と思いますし、受かったとしても「そんなに簡単に決める会社って大丈夫か」って思うかもしれません。

 

「面接官が大勢いるよ~(涙)」

 

ってビビってしまうかもしれませんが、1人の面接官の評価だけで決められるより、たくさんの面接官にしっかり見てもらった方が良くないですか?

 

相手が1人よりも大勢の方がアピールしがいもあるってもんです。

 

 

 

「自分は採用して頂く立場」なんて、卑屈になる必要もありません。

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

もちろん採用するかしないかを決める権限は会社にあります。

 

でも、あなたは採用されたら給料と引き換えに労働力を提供する、いや、給料以上の働きをするのですから。

 

立場は対等のはずです。

 

 

 

もし面接に落ちたからって、落ち込む必要はありません。

 

もちろん、反省すべきところは反省しなければなりません。

 

でも、会社や採用担当者によっても採用スキルはバラバラです。
専門の採用スタッフがいない会社もいっぱいあります。

 

欲しい人材やスキル、評価方針も、会社によって、タイミングによって大きく異なります。

 

だから、単純にあなたに問題があるから採用されない、というわけではないのです。

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

また、そもそもあなたに合っていない会社だったからこそ、面接に落ちたとも言えます。

 

あなたにはもっとふさわしい、あなたにもっとフィットした会社がきっとあるのです。

 

そんな会社に出会うためには、相手に合わせすぎることなく、自分をしっかり持って活動を続けることが大切です。

 

このサイトをしっかり読んで、あなたの良さをしっかり伝えるすべを身につけてもらえば、遅かれ早かれあなたにフィットし、あなたをぜひ採用したいという会社に出会えるはずです。

 

 

 

なんだかいけそうな気がしてきませんか?


転職特別講座STAGE0