幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

中途採用の面接の特徴

新卒採用との違いとは

 

採用面接には、新卒採用中途採用の2種類がありますね。

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

 

サラリーマンなら原則として誰もが新卒採用の経験者ですが、その新卒採用と中途採用では、かなり大きな違いがあります。

 

両者の違いをまとめると、下記のようになります。

 

【新卒採用】

採用時期・人数

応募者

・毎年一定の時期
・一括である程度まとまった人数

・属性は類似

・職務経験はなし、ほぼ同年代

 

中途採用

採用時期・人数

応募者

不定期、突発的
1名~数名の少人数が普通

属性は比較的バラバラ

キャリア、年齢も比較的さまざま

中途採用はイレギュラー

 

中途採用は、新卒採用に比べて、採用側も応募側も

 

成果を出す応募活動・面接|幸せなサラリーマン講座

足並みが揃わない

 

ことが特徴です。

 

言い換えると、多くの中途採用というのは良くも悪くも「イレギュラー」なものなのです。

 

新卒採用では毎年だいたい決まった時期に、ある程度の人数を一括して採用するのが一般的です。

 

一方、中途採用は不規則で、採用人数も比較的少数になります。

 

そのため、選考側の準備も新卒採用に比べて不十分なことが多くなります。

 

また、中途採用では採用部署の現場担当者が、忙しい日常業務から時間を割いて選考に加わるケースが多く、選考スキルにもバラつきがあります。

 

そこへ持ってきて、中途採用の応募者は、新卒採用の応募者と比べて、年齢バックグラウンドもかなりのバラつきがあるのです。

 

 

したがって、中途採用にはより「選考がブレやすい」傾向がある、と言うことができるでしょう。

 

だからこそ、取り組み方次第で、挽回のチャンスや、逆に足下をすくわれるリスクがあるのが、中途採用の面接なのです。

 

 

このサイトを見ているあなたは、もちろん面接を優位に進めることができるはずです。


転職特別講座STAGE0