幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

何もしないで普通預金の100倍運用する方法

超低金利にアタマに来た

※本格的な運用の話では無いのであらかじめご了承下さい。m(__)m

 

本格的にお金を投資・運用していく時間も根性も無いので、近頃お金は普通口座に寝かせっぱなし。

 

でも、さすがに「0.02」(僕の視力か!)%の利率は無いだろうと、ある日急にイラッとしたのでした。

 

100万円預けても利息は1年でたったの200円、しかもそこから税金が引かれる!

 

それなら定期預金に預け変えるかぁ、と思ったものの、それでも利率はせいぜい0.2~0.3%程度。

 

やっぱり100万円につき2,000~3,000円程度の利息にしかなりませんし、途中で解約すればそれすら手に入りません。

 

これでは銀行を儲けさせるために資金提供しているだけではないか!(という程の額ではないけど)

 

かといって、ハイリターンを求めてリスクの有る運用に本腰を入れられないのは前述のとおり。

 

 

多くは望まないけど、ほったらかしでもう少しリターンが得られる方法は無いかなぁ

 

 

いろいろ考えあぐねた結果、とりあえず出した結論は、

 

 

還元率の高いカードを活用する

 

 

ということでした(ベタな結論ですいません…^^;)。

ただ普通の生活をするだけで良い

 

カード決済を行うと、使った金額の0.5%とかのポイントがついて、あとで金券や割引などに変えることができますよね。

 

0.5%でも定期預金に預けるよりマシですが、調べればもっと還元率の高いカードはあります。

 

いろいろ調べた結果、私が申し込んだのは、「Reader’s Card」というカードです。

 

このカード、還元率は実に「1.5%」と、普通のカードの3倍のポイントがつきます。

 

0.02%の普通預金の利息と比べれば、75倍ですね。

 

年間50万円以上の利用がないと2,500円(+税)の年会費がかかるのには注意が必要ですが、我が家の場合で言えば、

 

  • スーパーの支払い
  • ネット通販の支払い
  • 国民年金の納付
  • 公共料金の支払い

 

など、諸々の支払いをこのカードでの決済に一本化すれば、年間で軽く100万円以上になりますから、年会費は無料です。

 

仮に100万円の利用実績なら、15,000円が還元されることになります。

 

さらに、このReader’s Cardの場合、溜まったポイントを「Amazon限定デポジット」と引き換えると、還元率は「1.8%」にアップします。

 

さらにさらに、このカードの運営会社が運営するJACCSモールというショッピングサイトを経由してAmazonで買い物をすると、その上に0.5%が還元されるので、その場合の最大の還元率は2.3%となります。

 

100万円の利用実績なら、23,000円

 

普通預金の利息と比べると、100倍以上のリターンが得られることになりますね。

 

つまり、このカードは「Amazonで頻繁に買い物をする人」にメリットの大きいカードなのです。

 

我が家では一年中Amazonで大量に本や物を購入しているので、溜まったポイントは全てこの「Amazon限定デポジット」に引き換えます。

 

 

「そんなにAmazonは使わないよ」という人には、次のカードの方が有利でしょう。

 

  • REXカード

 

こちらは同じJACCS系のカードですが、還元率は「1.75%」。

 

Amazonに限らず、どんなことに利用しても同じく1.75%還元されますので、検討の価値はあります。

 

 

こうした高い還元率のカードを活用するメリットは、

 

ただ普通に生活しているだけでよく、特別なことは何もする必要はない

 

ということです。

 

 

「そんなこともうやってるよ~」という方にはムダなお話でしたが、そうでない人は参考にして頂ければ幸いです。

 

カードにもいろいろな種類やメリットがありますので、自分に合ったものを探してみて下さい。

 

 

超低金利時代へのささやかな抵抗でした…


ブランディング転職プロジェクト