幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

転職活動をルーチン化せよ:活動量と内容の安定が成果へのカギ

毎日の活動が最終的な成果を決める

 

求人開拓の知識と実践・転職活動のルーチン化|幸せなサラリーマン講座

転職活動を行う人のほとんどが、行き当たりばったりであると言っても過言ではありません。

 

「○月頃には転職していたいなぁ」といった漠然とした腹積もりはあっても、週単位日単位で活動内容を決め、実行している人はほとんどいないでしょう。

 

もちろん、転職活動というのは応募先やライバルなどに左右されるものであり、自分だけで完結するものではないので、すべてが計画通りにいくはずはありません。

 

しかし、少なくとも自分がコントロールできる範囲においてはできるだけ活動内容をルール化しておかないと、成果を引き寄せることはできません。

 

特に応募書類を完成した後は、日々出てくる応募先をいかに効率的に漏れ無くチェックし、いかに数多くの企業に応募書類を確実に届けられるかの勝負です。

 

そこで行き当たりばったりの活動をしていると、以下のような状況に陥ります。

 

  • 時間が取れる時、やる気になった時にはまとめて取り組むが、忙しい時や気乗りがしない時には手を付けない

  →がんばっているようでいて、トータルでの活動時間は思ったほど伸びない
  →活動していない間に求人応募をし損ねている時間的ロス

 

  • お気に入りの求人サイト等、一部の場所しか求人をチェックしていない

  →チェックしていない場所の大量の求人を見落としている開拓場所ロス

書類完成後は曜日単位でルーチン化する

 

逆に、

  • 毎日行う作業をあらかじめ決めておく
  • 1週間の中にバランスよく作業を割り振る

 

求人開拓の知識と実践・転職活動のルーチン化|幸せなサラリーマン講座

ことによって、その日その日にやるべきことが明確になり、トータルでの作業量が確保でき、かつ偏りなく満遍なく求人をチェックすることができます。

 

つまり、「曜日ごとに行う作業を決める」ことが、成果の最大化のカギなのです。

 

たとえば、下記のような感じです。

 

月曜日 公的系求人サイトのチェック
火曜日 独立系求人サイト/ポータル系求人サイトのチェック
水曜日 検索エンジン系求人サイトのチェック/人材紹介会社に電話
木曜日 公的系求人サイトのチェック
金曜日 独立系求人サイト/ポータル系求人サイトのチェック
土曜日 検索エンジン系求人サイトのチェック
日曜日 新聞求人欄のチェック(図書館)/求人誌の回収・チェック

 

もちろん、急な仕事や用事が入ったりすることで常に予定通りにいくとは限りませんが、このように日々の活動をルーチン化しておくことで、応募活動のロスは最小限に抑えることができます。

 

そして、遠からず大量の面接が入り始めて、面接をうまくスケジューリングする段階に移っていくことになるでしょう。

 

 

 


転職特別講座STAGE0


よく読まれる関連ページ

求人開拓の基礎知識:公的機関と民間事業者
なぜ応募先を数多く開拓する必要があるのか?:50対5対1の法則
あなたはたくさんの求人を見落としている:買い手市場では命取り
一本釣り漁法と投網漁法:転職環境の変化と応募先開拓の変化
紹介応募と直接応募:両方を実行できる人ほど強い
時代に逆行することも差別化の1つ:デジタル時代にあえてアナログ
「りくなび」だけじゃない:求人サイトの基礎知識
求人開拓のカギ:人材紹介会社の基礎知識
統計・データから見る転職ルートの実際
公的機関の知識と活用:ハローワーク
公的機関の知識と活用:しごと情報ネット
公的機関の知識と活用:人材銀行
公的機関の知識と活用:ジョブカフェ
民間求人サイト:りくなび等の独立型求人サイト(総合)
民間求人サイト:独立型求人サイト(特化)
民間求人サイト:ポータル型求人サイト
民間求人サイト:検索エンジン型求人サイト
人材紹介会社単独型サイト(総合)
人材紹介会社単独型サイト(特化)
人材紹介会社単独型サイト(地域)
人材紹介会社集合型サイト
人材紹介会社の攻略まとめ(その1)
人材紹介会社の攻略まとめ(その2)
オフラインの求人開拓:新聞
新聞社が運営する求人サイトリンク集
オフラインの求人開拓:無料求人誌
オフラインの求人開拓:有料求人誌
求人誌と連動する求人サイト
オフラインの求人開拓:転職フェア
オフラインの求人開拓:人脈その1
オフラインの求人開拓:人脈その2