幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

あなたはたくさんの求人を見落としている:買い手市場では命取り

あなたは「ざる」になっていないか

 

コンサルティングの受講者にヒアリングをしていて常に感じることは、

 

応募先を限られた場所でしか探していない人が多い

応募書類の基本・求人開拓の基礎知識|幸せなサラリーマン講座

ということです。

 

たとえば、

 

  • ハローワークに通うだけの人
  • 特定の求人サイトを見るだけの人
  • 人材紹介会社の紹介だけに頼っている人 等…

 

ただでさえ、自分に合った求人、満足できる条件の求人が少ない時代です。

 

それなのに、その中の一部しかチェックせずに大半をみすみす見過ごしてしまうというのは、自分から転職に成功する権利を放棄しているようなものです。

 

その理由の1つは、

 

どこでどのように求人を探すことができるか

 

についての知識・情報の不足です。

 

それについてはこのサイトで一通りの知識を学んでもらえれば解消できます。

応募先を見逃すもう1つの理由

 

応募書類の基本・求人開拓の基礎知識|幸せなサラリーマン講座

しかし、もう1つの理由として、

 

「(どこで探せるかはわかっているが)探す気がない
「(時間がない等の理由で)探せない

 

ということがあります。

 

インターネットやその利用環境の進歩によって、求人へのアクセスは格段に容易になりました。

 

にも関わらず、いや、だからこそ、効率的に良い案件にアクセスできる情報源だけに頼って、非効率な情報源は切り捨てる人が増えているように感じます。

 

たとえば、

 

  • 新聞の求人欄(最近は掲載数がかなり減っています)
  • 無料の求人情報誌(アルバイト系が多いです)
  • ハローワーク(条件の良くない求人、記載と実際が違う求人も少なくありません)

 

たしかにどんな活動でも、効率を重視することは大切なことです。

 

しかし、最優先されるべきは効率ではなく、最終的な成果です

 

自分に合った求人がいつどこに出てくるのかわかりません。

 

思わぬ時に思わぬところに出てくる可能性はあるのです。

 

その「思わぬ時」が来た時にそれを拾える状態にあるかどうかが、運命を分けることもあります。

 

 

効率的にアクセスできる情報源に偏ることには、他にもデメリットがあります。

 

それは、「誰もがアクセスしやすい情報源は、競争が激しい」ということです。

 

誰もが目につくところに条件の良い求人があれば、それは誰でも応募したくなりますよね。

 

しかし、アクセスに手間暇がかかる求人ならば、その手間暇が1つのフィルターとなって、競争率を下げてくれるのです。

応募書類の基本・求人開拓の基礎知識|幸せなサラリーマン講座

 

もちろん、あなたのキャリアによって、重視すべき情報源・開拓場所は違ってきます。

 

また、時間にも限りがありますから、求人探しも無制限にできるわけではありません。

 

しかし、できるだけ多くの場所に網を張ることが、買い手市場では1つの差別化になります。

 

情報源ごとに手間をかける時間の差を設けても良いので、たとえ僅かな時間であっても継続的に多くの場所をチェックする習慣を持ってもらいたいと思います。

 

 


ブランディング転職プロジェクト


よく読まれる関連ページ

求人開拓の基礎知識:公的機関と民間事業者
なぜ応募先を数多く開拓する必要があるのか?:50対5対1の法則
一本釣り漁法と投網漁法:転職環境の変化と応募先開拓の変化
転職活動をルーチン化せよ:活動量と内容の安定が成果へのカギ
紹介応募と直接応募:両方を実行できる人ほど強い
時代に逆行することも差別化の1つ:デジタル時代にあえてアナログ
「りくなび」だけじゃない:求人サイトの基礎知識
求人開拓のカギ:人材紹介会社の基礎知識
統計・データから見る転職ルートの実際
公的機関の知識と活用:ハローワーク
公的機関の知識と活用:しごと情報ネット
公的機関の知識と活用:人材銀行
公的機関の知識と活用:ジョブカフェ
民間求人サイト:りくなび等の独立型求人サイト(総合)
民間求人サイト:独立型求人サイト(特化)
民間求人サイト:ポータル型求人サイト
民間求人サイト:検索エンジン型求人サイト
人材紹介会社単独型サイト(総合)
人材紹介会社単独型サイト(特化)
人材紹介会社単独型サイト(地域)
人材紹介会社集合型サイト
人材紹介会社の攻略まとめ(その1)
人材紹介会社の攻略まとめ(その2)
オフラインの求人開拓:新聞
新聞社が運営する求人サイトリンク集
オフラインの求人開拓:無料求人誌
オフラインの求人開拓:有料求人誌
求人誌と連動する求人サイト
オフラインの求人開拓:転職フェア
オフラインの求人開拓:人脈その1
オフラインの求人開拓:人脈その2