幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

公的機関の知識と活用:しごと情報ネット

しごと情報ネットとは

 

しごと情報ネットは、ハローワークインターネットサービスと同様に、厚生労働省が運営する求人サイトです。

 

(ハローワークのような運営拠点があるわけではありません)

求人開拓の知識と実践・ハローワーク|幸せなサラリーマン講座

 

 

 

ハローワークインターネットサービスの方がよく知られているようですが、実はしごと情報ネットはハローワークインターネットサービスを上回る求人案件数を持つ、国内屈指の求人サイトなのです。

 

なぜなら、しごと情報ネットは、ハローワークの求人情報に加えて、民間の職業紹介事業者等多数の提携事業者からも求人情報の提供を受けているからです。

 

公・民の垣根を超えた100万件以上膨大な求人案件にアクセスできることが、しごと情報ネットの魅力です。

しごと情報ネットの活用法

 

しごと情報ネットを利用する上で理解しておくべきこと。

 

それは、提供される求人情報は、しごと情報ネットが直接保有する求人案件ではないということです。

 

求人開拓の知識と実践・しごと情報ネット|幸せなサラリーマン講座

しごと情報ネットの目的は、ハローワークを始めとする提携事業者から提供される大量の求人情報を集約し、アクセスしやすくすることです。

 

したがって、サイト上で表示される個々の求人情報の量は限定的であり、詳細はリンクされた提供元のサイトで確認する必要があります。

 

また、興味をもった求人案件が見つかった場合も、しごと情報ネット上から応募できるわけではなく、求人の提供元を通じて応募することになります。

 

(ハローワークインターネットサービスも、そこで見つけた案件に応募するには窓口で紹介状をもらう必要があり、サイト上から直接的に応募できない点は同じです)

 

 

もしあなたがハローワークの求人案件だけを調べたいなら、しごと情報ネットではなく直接ハローワークインターネットサービスで調べた方が効率的です。

 

だとすれば、しごと情報ネットですべてを検索するよりも、ハローワークインターネットサービスを併用し、しごと情報ネットではハローワーク案件以外の求人案件を調べる、という使い分けをするのも一つの方法です。

 

しごと情報ネットでは、検索の際に「ハローワークの求人情報を除く」という条件を選ぶことができるからです。

求人開拓の知識と実践・しごと情報ネット|幸せなサラリーマン講座

 

その場合、「公・民の垣根を超えた」しごと情報ネットの魅力はなくなりますが、それでも民間事業者の大量の案件を横断して調べることができます。

 

 


ブランディング転職プロジェクト


よく読まれる関連ページ

求人開拓の基礎知識:公的機関と民間事業者
なぜ応募先を数多く開拓する必要があるのか?:50対5対1の法則
あなたはたくさんの求人を見落としている:買い手市場では命取り
一本釣り漁法と投網漁法:転職環境の変化と応募先開拓の変化
転職活動をルーチン化せよ:活動量と内容の安定が成果へのカギ
紹介応募と直接応募:両方を実行できる人ほど強い
時代に逆行することも差別化の1つ:デジタル時代にあえてアナログ
「りくなび」だけじゃない:求人サイトの基礎知識
求人開拓のカギ:人材紹介会社の基礎知識
統計・データから見る転職ルートの実際
公的機関の知識と活用:ハローワーク
公的機関の知識と活用:人材銀行
公的機関の知識と活用:ジョブカフェ
民間求人サイト:りくなび等の独立型求人サイト(総合)
民間求人サイト:独立型求人サイト(特化)
民間求人サイト:ポータル型求人サイト
民間求人サイト:検索エンジン型求人サイト
人材紹介会社単独型サイト(総合)
人材紹介会社単独型サイト(特化)
人材紹介会社単独型サイト(地域)
人材紹介会社集合型サイト
人材紹介会社の攻略まとめ(その1)
人材紹介会社の攻略まとめ(その2)
オフラインの求人開拓:新聞
新聞社が運営する求人サイトリンク集
オフラインの求人開拓:無料求人誌
オフラインの求人開拓:有料求人誌
求人誌と連動する求人サイト
オフラインの求人開拓:転職フェア
オフラインの求人開拓:人脈その1
オフラインの求人開拓:人脈その2