幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

職務経歴書パート別解説:職務経歴の基本 その2

職務内容を説明する

 

職務経歴書・構成要素のピラミッド2|幸せなサラリーマン講座

 

職務経歴パートの構成要素のピラミッドのうち、真ん中の「職務内容」部分の記載方法や注意点についてお話しましょう。

 

職務経歴書の技術・職務経歴|幸せなサラリーマン講座

ここでは、

  • 具体的な業務内容・種類
  • 業務範囲・対象
  • 遂行方法・スタイル
  • 責任・権限レベル
 

など、自分の仕事を説明するのに必要な情報を列挙します。

 

いろいろなレイアウトがあり得ますので、下記のサンプルはあくまでも参考としてご覧下さい。
(※スペースの都合上、記述ボリュームを絞っています)

職務経歴書の技術・職務経歴|幸せなサラリーマン講座【ベーシックなパターン】

 

職務経歴書・職務内容|幸せなサラリーマン講座

 

主要な業務を箇条書きするだけのベーシックなパターンです。

 

シンプルですが、適切に業務内容を列挙していればわかりやすく、このパターン+αで十分な場合もかなりあります。

 

職務経歴書の技術・職務経歴|幸せなサラリーマン講座【業務を種類ごとに区分するパターン】

 

職務経歴書・職務内容|幸せなサラリーマン講座

 

職務経歴書・職務内容|幸せなサラリーマン講座

 

記載すべき業務項目が多い場合や、内容が大きく異なる業務がある場合は、上記のように種類ごとに大別して説明します。

 

 

職務経歴書の技術・職務経歴|幸せなサラリーマン講座【営業系の職種の場合】

 

職務経歴書・職務内容|幸せなサラリーマン講座

 

営業系の職種の業務内容を説明するには、上図のように

 

  • 取り扱い商品・サービス
  • 主要顧客・営業先
  • 営業スタイル

 

などを明らかにするとわかりやすくなります。

 

記載する順番も大切

 

業務内容を説明する際には、ただ内容を列挙すれば良いだけではなく、記載する順番にも配慮が必要です。

 

職務経歴書の技術・職務経歴|幸せなサラリーマン講座

ポイントは、

 

できるだけ重要なものを先に書くこと

 

です。

 

実際には、むしろ「基本的な業務」「日常的な業務」から書き始める人が多いのです。

 

しかし、確実に目に入れてもらうためには、できるだけ「重要な業務」「評価される業務」から並べることをお勧めします。

 

必ずしもウェイトが大きい業務(=従事する時間が長い業務)から並べる必要もありません

 

たとえば、会計・経理系の職種の場合、

 

  • 現金出納
  • データ入力
  • 備品管理

 

といった業務は、日常的に行うウェイトの大きな業務であり、不可欠なものでもありますから、業務内容の説明としては必要です。

 

しかし、そうした基本業務だけでは差別化やアピールにはなかなかつながりません。

 

それよりも、仮にメイン業務・恒常的業務でなくても、たとえば、

 

  • 月次決算
  • 年度決算
  • 税務申告

 

といった業務にも従事しているなら、それらを優先的に記載することで、スキルのレベルをより効果的にアピールすることができるのです。

 

 

あなたも、「評価を高めるために確実に読んでもらいたい業務」からできるだけ記載するように心がけて下さい。


転職特別講座STAGE0