幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

職務経歴書の意義と役割とは

職務経歴書は応募書類の中心選手

 

応募書類と聞いて、真っ先に名前が出てくるのは履歴書かもしれません。

 

しかし、本当の意味で応募書類の中心的役割を担っているのは、職務経歴書です。

 

履歴書の役割があなたの「基本情報」や「略歴」を伝えるものなのに対し、職務経歴書の役割は、あなたの「詳細な職務経歴(キャリア」を伝えることです。

 

転職において最も肝心なことは、あなたが「戦力となり得るかどうか」です。

 

確かに、どんな学校を出て、どんな会社に務めたのか、というのも、あなたが戦力になりそうかどうかの判断材料の1つではあります。

 

職務経歴書の技術・意義と役割|幸せなサラリーマン講座

しかし、一番確実で大切な判断材料とは、

 

どんな仕事を経験してきて、どんなスキルを身につけているのか

 

ということです。

 

それがすなわち「職務経歴」であり、だからこそ、それを伝える職務経歴書が重要となるのです。

書き方は自由、だから差がつく

 

職務経歴書の特徴は、履歴書ほど定まったフォーマットがない、ということです。

 

どんな項目についてどんな順番で書くこともできます。

職務経歴書の技術・自由なフォーマット|幸せなサラリーマン講座

 

デザインやレイアウトも自由です。

 

 

だからこそ、差がつきやすいし、難しいのです。

 

 

また、詳細な経歴を書くと言っても、長い人なら20年、30年にも及ぶ歴史をわずか数枚に収めるわけですから、実際には相当な圧縮率の「ダイジェスト」に他なりません。

 

限られたスペースで効率的なアピールをするためには、まずは情報の取捨選択のセンスが必要です。

 

さらには、記載する情報の中でも重要度に応じたスペース配分ウェイト掛けが不可欠です。

 

大切な部分を明確に伝えるためには、重要度が劣る部分を簡略化したり、思い切ってカットしなければならない、ということです。

 

何だか自信がなくなってきましたか??

 

でも大丈夫。

 

このサイトをしっかり読んで取り組んでもらえれば、あなたは職務経歴書で「ライバルに差をつける」立場になることができますよ。

 


転職特別講座STAGE0