幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

完全無欠な自己PR文はなぜ失敗するのか?

完全無欠なPRのリスク

 

私はこれまで数多くの受講者が書いた自己PR文を見てきましたが、その中には「非の打ち所のない」自己PR文にも何例かお目にかかりました。

 

「非の打ち所のない」とは、強力な自己PR文という意味ではありません

 

自己PR文の技術・完全無欠な自己PRの問題|幸せなサラリーマン講座

 

自己PR文の中で、自分を完全無欠に描いているという意味です。

 

 

ある方は、営業所の責任者として次のように自分をアピールされていました。

 

  • 目先の利益にこだわらずに長期的な視野で取り組んだ
  • 部下1人1人の資質を見極めてそれに合った仕事を任せた
  • 部下を細かくフォローしたことで離職率は従来の半分以下に減った
  • 仕事のリストラに取り組み、ムダな業務を排除して効率化した
  • 顧客の新規開拓と既存顧客の維持の両方を強化した
  • 売上は常に対前年比20%アップを維持した

 

絵に描いたような、まさに営業責任者の鏡のような内容ですね。

 

ところが、現実にはこの自己PR文を書いた方は失業中であり、再就職に非常に苦労されていたのです。

 

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

 

この自己PR文読んだ採用担当者の頭には、次のような根本的な疑問が浮かぶはずです。

 

そんなに優秀なら、どうして(何度も)転職するの?
どうしてリストラされたりしたの?

 

確かに自己PR文は、あなたの評価を高め、最終的に採用されるためのツールですから、あなたの良さをアピールしなければなりません。

 

しかし、あまりに自分の良いところだけを並べ立て、完全無欠さが度を越すと、転職活動中・失業中という現状との間にミスマッチが生じてしまうのです。

 

もちろん、世の中には本当に優秀な方もいて、そのような自己PR文が「看板に偽り無し」である可能性もあります。

 

でも、もしそれが自分の失敗や弱点を隠すための「完全無欠な自己PR文」だとすれば、いずれ矛盾は露呈してしまうでしょう。

共感との乖離

 

完全無欠な自己PR文のもう1つの問題は、

 

自己PR文の技術・完全無欠な自己PRの問題|幸せなサラリーマン講座

 

共感が得にくい

 

ということでしょう。

 

自己PR文の最高のネタは○○の経験の中にある」のページでお話したように、実はむしろ、

 

みっともない失敗や挫折

 

の経験にこそ、読み手との心理的な距離を縮め、共感を生むカギがあります。

 

自分の良い所だけを並べ立ててアピールすることは、逆に読み手の心理的な抵抗感を生み、共感とは逆の効果をもたらしてしまう危険があります。

 

 

自分の評価を高めようと思うあまりに、自己PR文の目的に逆行してしまっているのですね。

 

 

本当に読み手の心を打つ自己PR文を作るには、鎧で本当の自分を覆い隠すのではなく、勇気を持ってさらけ出すことこそが必要だと思います。

 

 


転職特別講座STAGE0