幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

自己PR文の共感の深さ=どこまで掘り下げて描けるか

徹底的に具体的に書く

 

優れた自己PR文は、読み手の感情を揺さぶり、あなたへの強い共感を生みます。

 

そして読み手が受ける感銘の深さは、エピソードをいかに深く掘り下げて描写するかに比例します。

自己PR文の技術・深く掘り下げる|幸せなサラリーマン講座

 

ここでいう「深さ」とは、突き詰めれば、「具体性」のことを指します。

 

 

たとえばあなたが営業マンだとして、

 

私は毎日たくさんの顧客を訪問しました

 

と書いただけでは、読み手の心にはまったく響きません

 

そこにはまったく具体性が無いからです。

 

もしあなたが本当に自分の努力を伝えたいのであれば、

 

私は雨の日も雪の日も、朝8時から夜の8時まで、毎日30社を欠かさず回りました

 

などと書く必要があります。

 

 

また、あなたのサービスによって顧客に喜ばれたことをアピールする場合も、

 

私はある顧客から感謝の言葉を頂きました

 

で留めていては、やはり印象は薄いままです。

 

Aさんは私の手を握り、『田中さんに頼んで本当に良かった。今まで担当者は誰一人として対応してくれなかったもの。これからもどうかよろしくお願いします。』と言って頂きました

 

などとすれば、説得力も違ってくるでしょう。

 

 

あなたの自己PR文にリアリティを持たせ、深い感銘を与えるためには、このように「徹底的に具体的に書く」ことが必要なのです。

エピソードを絞り込め

 

自己PR文の技術・エピソードを絞る|幸せなサラリーマン講座

エピソードを深く掘り下げて描くためにもう1つ大切なことは、

 

 

エピソードを絞り込む

 

 

ということです。

 

最大限にアピールしようと思うと、どうしても「あれもこれも入れたい」ということになりがちです。

 

1枚という限られた紙面にいろんなエピソードを盛り込もうとすると、どうしても1つ1つのエピソードの分量は限られ、必然的に「広く浅い」話の寄せ集めになってしまいます。

 

それでは深い感銘を与える自己PR文にはなり得ません。

 

深い感銘を与えるためには、できる限り深く掘り下げて描くことが必要ですが、限られた紙面でそれを行うには、採り上げるエピソードを最小限に絞ることが必要なのです。

 

できる限り1つのエピソードに絞りましょう。

 

 

勇気を持って内容を絞り込み、それを可能な限り詳しく具体的に書くこと

 

 

狭く、深く」が、効果を生む自己PR文を書くための鉄則なのです。


転職特別講座STAGE0