幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

本活動スケジュールの作成

本活動期間は曜日単位で活動を設定する

 

転職の基本と戦略・活動スケジュール|幸せなサラリーマン講座

前述のように、本活動期間は自分だけの都合で活動スケジュールをコントロールすることはできません。

 

思うように応募先が見つからないかもしれませんし、ある日突然面接が入ってくるかもしれません。

 

二次面接・三次面接の日程も自分だけの都合では決められませんし、その間に他の会社の面接も入ってくることでしょう。

 

そんな状況の中でできるだけ活動量を一定に保ち、着実にゴールに向けて前進するためには、

 

毎日の活動をルーチン化する

 

ことが有効です。

とは言っても、どれだけ適切な応募先が見つかるかは日によって変わりますし、面接の入るタイミングはそれこそ「神のみぞ知る」です。

 

ですから、本活動において定めるべきは、

 

毎日の応募先を探す場所

 

なのです。

 

たとえば、下記のような感じです。

 

活動計画・曜日計画|幸せなサラリーマン講座

 

それぞれの検索場所の意味の説明はここでは省きますが、自分の「チャネルバランス」に応じて、

 

「月曜日はこの場所で応募先を探し、良いものがあればすぐに応募する」

 

というように、毎日の活動内容をあらかじめ決めてしまうのです。

 

これなら、自分の都合で設定することができますし、「今日は何をするか」「明日は何をするか」を悩む必要もなく、活動量を安定して確保することができます。

 

(※なお、上図では、同じ「ネット●●」が週2回登場していることがわかります。
これは、同じ求人サイトはこのくらいの頻度でチェックするくらいで良いという観点で設定しています。)

 

転職の基本と戦略・毎日の活動をルーチン化|幸せなサラリーマン講座

もちろん、面接が入ってくる後半期には面接が優先であり、この通りの応募活動はできなくなります。

 

しかし、その場合もできる範囲で各曜日の応募活動を行えば良いのです。

 

 

この曜日ごとの設定は、実際の活動を通して随時修正していって構いませんが、できるだけ曜日ごとのルーチンを守って活動を実践していくことが成功へのカギを握っていると言っても過言ではありません。

 


ブランディング転職プロジェクト