幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

転職活動の所要期間とゴール時期の設定

転職活動にかかる期間

 

転職希望者のタイプと特徴」で、自分がどのタイプかを知り、活動計画を立てることが大切と言いました。

 

転職の基本と戦略・転職活動の所要期間|幸せなサラリーマン講座

しかし、実はあなたがどんなタイプであっても、転職活動を成功させるために必要な期間には極端な違いはなく、一定の幅に収まるものです。

 

いくらあなたが1日も早く転職したいと言っても、望むような内定を得るためには十分な時間をかけて準備をすることが必要です。

 

そこを焦って短縮しても、結局は結果が出ないで遠回りすることになります。

 

また応募活動に入ってからは、採用側に書類選考・面接選考のための期間が必要であり、その時間を応募者側で短縮することは基本的にできません。

 

逆に、急がないから「時間を掛けてじっくり転職活動をする」というのはどうでしょうか。

 

理屈としては可能かもしれませんが、現実問題としては難しいと私は思います。

 

なぜなら、転職活動というのは、一定期間エネルギーを集中して活動レベルをとことん高め、あるレベルを突き破ることで初めて成功できる種類のものだと考えているからです。

 

「ゆっくりじっくり」では、いつまで経っても必要な活動レベルに達せず、ダラダラと時間だけが過ぎていくことになりかねません。

 

中には、半年や1年もの長期間を設定して、「その間全力でがんばり続けて結果を出す」という人もいるかもしれません。

 

しかし、それも私から見れば非現実的に思えます。

 

なぜなら、普通の人は本当に高いレベルの活動をそんなに長期間続けることはできないものですし、転職活動は非常に精神的ストレスのかかる活動だからです。

転職活動期間の目安

 

私は転職活動は「中短期プロジェクト」だと考えています。

 

私のコンサルティングでは最長期限を15週間と設定していますが、経験上、それだけの期間集中すれば結果を出せる可能性が高いからであり、同時にその程度が集中力が続く1つの限界だと考えているからです。

 

活動計画・全体像|幸せなサラリーマン講座

 

再び転職活動のロードマップを見て頂きましょう。

 

(再)活動準備期間

たとえ転職経験がある程度ある方でも、高い成果を望むなら、応募書類の作成・見直しなどの準備期間が少なくとも2週間程度は必要でしょう。

 

転職の経験がなくゼロから動き始める場合は、準備に1ヶ月以上かかっても当たり前です。

 

本活動期間(前半)

応募環境の整備に始まり、企業への応募に着手して、企業から面接の案内をもらい始めるまでの期間です。

 

個人差はかなりありますが、転職慣れしていたりキャリア評価が高いなどで有利な人でも、着手から成果が出るまでやはり2週間以上は見ておく必要があるでしょう。

 

1ヶ月程度かかるのは普通のことであり、応募者が殺到する人気企業では、書類選考に1ヶ月以上かかる場合もあることを思えばそれも当然でしょう。

 

本活動期間(後半)

面接が入り始めてから、面接選考をクリアして内定を獲得するまでの期間です。

 

1回の面接で内定を出す企業もありますが、一般的には2回、3回の面接を経ることになり、内定が出るまでには2~3週間は見ておく必要があります。

 

もちろん途中の選考で落ちる可能性はありますし、内定が出ても条件が合わなければ見送ることもありますから、希望の内定を得るまでには1ヶ月以上かかるのが普通です。

 

また、面接が苦手な人は苦杯をなめ続けてこの期間が長期化する可能性も十分にあります。

 

こうして見ると、どんなに順調に各ステップをクリアしたとしても、準備開始から1ヶ月で内定を獲得することはほとんど不可能であることがわかります。

 

準備に1ヶ月、本活動期間に2ヶ月の計3ヶ月で内定が獲得できれば極めて順調と言えます。

 

ただし、これは「全力で」「正しい方法で」転職活動に取り組んでの話です。

 

実際には、真剣味が足りなかったり、仕事で時間が取れなかったり、転職スキルが低かったり、キャリア評価に問題があったりと、様々な理由で転職活動は滞り、転職活動がさらに長期化する人が多いのが現実です。

 

転職活動のゴール時期を設定する

 

転職活動で成功するためには、「いつ頃までに内定を獲得する」という目標時期を設定することが大切です。

 

設定時期は、あなたの属性・諸条件を考慮して決めます。

 

  • 短い活動期間が見込める条件を備えていたり、あるいは1日でも早く転職するためにあらゆる努力を惜しまない、という場合 … 準備開始から2ヶ月~3ヶ月後
  •  

  • 特に短い活動期間が見込める条件を備えていない、あるいは1日も早くというほどに転職を急ぐ理由はない、という場合 … 準備開始から3ヶ月~4ヶ月後

 

を目安にすると良いでしょう。

 

転職の基本と戦略・転職活動の長期化|幸せなサラリーマン講座

そして、ゴール設定時期が違っても、必ず守るべきは、その間は全力で徹底的に転職活動に取り組む、ということです。

 

それができて初めて目標を達成する可能性が生まれるのであり、確実に達成できるという保証はありません。

 

それができないのであれば、転職活動はズルズルと長期化することになるでしょう。

 

転職活動は甘くないのです。

 


転職特別講座STAGE0