仕事辞めたい/転職に失敗したくない|幸せなサラリーマン講座

MENU

必要なのは差別化:人と違う動きをするという思考

セオリーは必要。しかし…

 

転職したいと考えた時、あなたはどんな行動を採るでしょうか?

 

多くの人はまず書店で関連書籍を買い求めたり、インターネット上で参考になる情報を検索することでしょう。

 

あなたがこのサイトを見ているのも、転職関係の情報を探してヒットしたからではないでしょうか。

転職の基本と戦略・転職のセオリーを学ぶ|幸せなサラリーマン講座

 

もちろん、学び、情報を得ることはとても大切なことです。

 

ただ、書籍やサイトで得られる情報の多くは、「セオリー」に当たるものです。

 

言い換えれば、「常識」や「正しいこと」です。

 

セオリーすらわかっていなければ、そもそもライバルと同じ土俵にも乗れませんから、セオリーの習得は転職成功の必要条件ではあります。

 

しかし、あなたに必要なのは土俵に立つことではなく、競争に勝って職を得ることのはずです。

 

望ましい求人の数が限られ、そこに数多くのライバルが殺到する厳しい転職環境では、そうしたセオリーを自分の活動に採り入れるだけでは、なかなか成果を出すことはできません。

 

なぜなら、他のライバル達も、同じように書籍やサイトからセオリーを学び、採り入れてくるからです。

 

中途採用の場合、募集人数は最小限で、その多くは1名だけです。

そこを目掛けて応募してくる数十人のライバルと同じことをやっていて採用されるのは、元々ずば抜けた経歴や実績を持っているトップの人だけです。

 

もしあなたが残念ながらそうではないなら、セオリーから抜け出て、他の人と違う動きをすることが、転職成功には不可欠です。

 

転職の基本と戦略・転職活動の差別化|幸せなサラリーマン講座

 

別の言い方をすれば、あなたには「差別化」が必要なのです。

 

それも、多くのライバルの中から「あなたが一番欲しい」と思わせられる強力な差別化が。

 

あなたの経歴や実績が理想的なものではない場合、転職活動の中にそれだけ多くの差別化要素を採り入れることが必要になります。

 

この差別化要素は、大きなものから小さなものまで、応募先探し、書類作成、応募活動、面接などの転職活動の各ステップのすべてにおいて存在します。

 

当サイトで転職ノウハウを伝える最大の目的を一言で説明するならば、この、

 

転職活動における差別化要素にはどんなものがあり、どのように採り入れるべきなのかを、具体的に説明すること

 

にあるのです。

 

(もちろんセオリーについてもお話していますが)

 

そして差別化を徹底すると、経歴や実績が劣っていたとしても「逆転は十分に起こりえる」ということを、私は経験上知っています。

 

買い手市場の転職活動で勝者となれる人とは、セオリーの殻を破り、「いかに人と違う動きをするか」という意識を持てる人だということを肝に銘じましょう。


転職特別講座STAGE0