応募書類の基本|幸せなサラリーマン講座

MENU

応募書類は手書きかパソコンか

パソコンのメリット

 

今さら」なテーマですが、無くならない質問の1つなので、一応採り上げたいと思います。

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座

 

結論から言えば、「パソコンで作成する」の一択であり、手書きで作成する意味が無いと考えています。

 

パソコンで作成するメリットを挙げると、次のようになります。

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座キレイで見やすい

 

元々字がきれいな人は別ですが、そうでない人は…おわかりですよね?

 

じゃあ、字がきれいな人は手書きの方がアピールになって良いのでは?」という話ですが、それは否定しません。

 

ただ、手書きには後述のようなメリットが無いため、トータルでは選ぶ理由がなくなるということです。

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座レイアウトが自由

 

履歴書用紙を使った手書きでは、用紙のレイアウトに合わせて書くしかありませんが、パソコンなら自由にレイアウトを変更することができます。

 

学歴・職歴や資格など、必要なスペース量は人によって様々なはず。

 

パソコンなら不要な空きスペースをなくし、必要なパートにスペースを回すことができ、最適なレイアウトに調整することができます。

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座加筆・修正がカンタン

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座

手書きの場合は、一度書いた書類は基本的には修正ができません。

 

しかし、パソコンで作ったものならいくらでも加筆・修正ができます。

 

応募書類は応募先ごとに内容の調整も必要になりますので、カンタンに変更できるということは大変重要です。

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座すぐに提出できる

 

加筆・修正がカンタンということとも重なりますが、「これだ!」という求人が見つかった時に、すぐにプリントアウトできるというのも大きなメリットです。

 

多くの求人の応募期間には限りが有ります。

 

パソコンで作ったものなら、何社分でも短時間で用意できてすぐに応募に使うことができます。

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座ネット応募にも対応できる

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座

一回データで作っておけば、添付ファイルでの応募の場合はそのまま使うことができます。

 

また、フォームによる応募であっても、コピー&ペーストで対応しやすくなります。

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座一定のPCスキルを示せる

 

パソコンで一通りの応募書類を作れているということ自体が、一定のPCスキルの持ち主であることの証明になります。

 

特に年齢が高めの人が手書きの書類で応募をすると、「この人パソコンできないのかな…」と思われるのがオチです。

 

 

 

競争の厳しい昨今の転職市場では、数十の単位の会社に応募することもまったく珍しくありません。その場合に手書きで全部の応募書類を用意することは、事実上無理と言えます。

 

採用側にとってもパソコンで作成された応募書類は当たり前のものになっていますし、手書きでなければ受け付けない、という企業はほんの一握りでしょう。

 

もしパソコン作成の応募書類を受け付けない企業にどうしても応募したければ、そこだけ手書きで対応すれば済む話です。

 

 

ワードかエクセルか

 

応募書類の基本・パソコン作成のメリット|幸せなサラリーマン講座

どのソフトで作るべきかは自由ですが、現実問題としてはワードエクセルで作る人がほとんどでしょう。どちらを使うかは好みの問題ですが、私はどちらかと言えばワードをお勧めします。

 

というのは、エクセルは基本的に表計算のためのソフトであり、文章を読みやすく仕上げることには向いていないからです。

 

エクセルの方が表を作りやすい」という人もいますが、ワードでも表は作れますし、そもそも応募書類ではワードで対応できないほど複雑な表を必要とすることはほとんどありません。

 

また、「履歴書はエクセル」「職務経歴書はワード」のように混在させるのも、書類の統一感を損ねるのであまりお勧めできません

 

基本は「ワードで統一」と考えると良いでしょう。

 

 


転職特別講座STAGE0