幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

100%の準備なんてあり得ない:積極性が成功の原動力

転職の準備が万全になることはあり得ない

 

私は他のページでは、「転職活動における準備の大切さ」について繰り返しお話しています。

 

生半可な準備では希望の内定を獲得することなどできないほど、今の転職市場が厳しいことは事実だからです。

 

しかし、それも程度問題です。

 

成果を出す応募活動・積極性|幸せなサラリーマン講座

 

少々薬が効きすぎたのか、私のコンサルの受講者の中にも、すでに本格的に応募活動に入って良い段階にあると思われるのに、

 

まだ準備が万全じゃないので、じっくり取り組みたい

 

というように、良く言えば慎重、悪く言えば臆病になっている人がいます。

 

私の経験では、「必要以上に慎重」と感じる人が目覚ましい成果を出した記憶はほとんどありません。

 

その理由の1つは、転職活動において事前に100%万全の準備をするということは、実際にはあり得ないことだからです。

 

転職活動は、いろいろな不確定要素の集合体です。

 

転職市場における自分の評価がわからない。
いつどこで希望の求人が出るかわからない。
希望の求人がどんな人材を求め、何を評価するのかわからない。
どんな会社があなたを高く評価してくれるのかわからない。

 

転職活動は自分だけで完結する活動ではなく、様々な関係者の様々な事情で左右される活動です。

 

準備活動にも明確なゴールがなく、何をどうすれば万全な準備になるのかも、本当のところは誰にもわかりません。

成果を出す応募活動・積極性|幸せなサラリーマン講座

 

だから、ある程度の準備ができたら、どこかで応募活動に飛び込んでいかなければならないのです。

 

(そのタイミングの見極めをするのもコンサルの仕事の1つです)

 

そして、実際に動きながら反応を見て修正していくことが大切なのです。

 

準備の不完全さを理由に動こうとしないのは、多くの場合ただの先送り行為なのです。

転職に成功する人に共通するのは圧倒的な行動力

 

逆に、転職で結果を出しやすいタイプは、とにかく「素早く大量に動く」人です。

成果を出す応募活動・積極性|幸せなサラリーマン講座

 

失敗を恐れず、グイグイ前へ進んでいきます。

 

「…しても良いでしょうか?」

 

ではなく、

 

「…しちゃったんですけど、まずかったですか?」

 

と質問するタイプ。

 

活動量が多ければ、当初は失敗が多かったとしても、早く学び、経験値を積み、活動を修正することができます。

 

失敗を恐れて行動を先延ばしすれば、いつまで経っても経験値は増えず、修正もできません。

 

転職活動は「婚活」と同じで、それまでに何回失敗しても、最終的に納得できる相手と結ばれれば成功です。

 

0勝0敗のままでいるより、たとえ100社にフラレても1勝100敗の方がずっと良いのです。

成果を出す応募活動・積極性|幸せなサラリーマン講座

 

そして失敗するなら早い方が良い

 

特にすでに退職してしまっている人の場合は、ブランクが長くなるとキャリア評価が下がって転職が難しくなります。

 

半年、一年と経ってから慌てても遅いのです。

 

 

あなたも早くたくさん失敗をして、早く成功をつかみましょう

 

 

 


ブランディング転職プロジェクト