幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

すぐにお金になるビジネスなんてない

ビジネスには近道はない

 

お金儲け系のサイトを見ると、「素人でもたった○日で○万円稼げる」的な情報があちこちで踊っています。

 

私も広い意味で情報(お金儲け系ではありませんが)を販売するビジネスの経験がありますし、購入者としてそうした情報に踊らされていた時期もありますから、売る側の事情も買う側の気持ちもよ~くわかります。

 

断言しますが、そうした「楽に稼げる系」の話で稼げるのは、そうした情報を売っている人間だけです。

 

本当に楽して大金が稼げるなら、そんな情報を公開しないで独占していた方がはるかに儲かるはずだからです。

 

ビジネスにはいろいろな種類・領域があり、収益構造も必要な知識・能力も様々に違いがありますが、共通していることは、

 

本物のビジネスを作り上げるには時間も手間もかかる

 

ということです。

あなたが「即金性」を求めるのであれば、ビジネスに手を出さない方が良いでしょう。

 

失敗する可能性が高いですし、一歩間違えれば犯罪者にもなりかねないからです。

 

このサイトの名前の通り、私は一度しか無い人生を幸せに生きてもらいたいと思って情報発信を行なっています。

 

良からぬ手段で多少お金が稼げたとして、それであなたは本当に幸せでしょうか?
それ以上のものを引き換えに失ってしまうのではないでしょうか。

 

 

たとえば、てっとり早く数万円~数十万円のお金を稼げれば良いなら、コンビニ等でアルバイトを何ヶ月かやるのが一番良いと思います。

 

時給制で働いた分だけ確実にお金を得ることができるからです。

 

(労働力と引き換えに給料をもらうというのはサラリーマンと同じであり、勤め口が増えるだけで「自分で稼ぐ」ということにはやはりなりませんが)

 

また、家電製品、衣服、本などの不要品を中古店やオークションで売れば、アルバイトよりも短時間でお金にすることができますね。

 

ただし、売れるものがなくなったらそこまでです。

 

 

毎月数十万円、数百万円も稼げる、しかも一瞬ではなく継続的に稼げるようなビジネスを作り上げるには、大変な努力が必要であり、時間もかかります。

 

ひょっとしたら、私のサイトやビジネスをご覧になった方の中には、

 

インターネットで楽に稼げていいなぁ
本の印税が入るなんてうらやましい

 

などと思われる人がいるかもしれませんが、実際は楽どころではありません。

 

たとえば、このサイト1つ取っても、現時点で1年近い時間をかけて作成していますし、今後もさらに充実させていくつもりです。

 

そして、そもそもサイトに書いている内容は、それ以前の膨大な時間の勉強やトライ・アンド・エラーの成果なのです。

 

本の出版についても、入ってくる印税などたかが知れてますし、不労所得どころか、執筆にかかった時間を考えれば、時給換算ではどんなアルバイトよりも低いでしょう。

 

(それでも、本を出版することで信用が得られたりその後のビジネスにつながったりするので苦労して書くわけですが)

 

立ち上げの苦労を最小限にする方法

 

どんなビジネスでも大変な努力が必要であり、時間もかかりますが、それを最小限にする方法が1つあります。

 

それは、

 

自分が経験や知識が豊富な分野でビジネスをする

 

ということです。

 

当たり前のことですが、それが最も効率的で、かつ成功の確率が高い方法です。

 

そのことを忘れ、「○○のビジネスが儲かる」といった情報に乗せられて、不案内な分野に飛び込んでも苦労するだけで儲からない可能性が大です。

 

その分野ではあなたは未経験な上に最後発なのですからね。

 

 

ビジネスを形にするのに時間も手間もかかるからこそ、私はサラリーマンの立場で収入を確保しながら少しずつトライされるのが一番良いと思うのです。

 

サラリーマンを辞めて独立してしまい、無収入の状態で立ち上げに半年、1年とかかっていたら、普通はお金が底をついてしまうはずです。

 

私が未経験の分野にいきなり脱サラして飛び込めたのは、妻が共働きだったからに過ぎません。

 

サラリーマンのままで、あなたが得意な分野で腰を据えてじっくり取り組み、たくさん稼げるようになったら独立して専業になることを考えれば良いのです。

 

もちろん、副業のままサラリーマンを続けていくのもアリです。

 

初めて手がけたビジネスがうまくいくとは限りません(というよりもむしろ珍しい)が、それでもサラリーマンとしての収入があれば、別のビジネスにチャレンジし直すことができます。

 

しかし、独立してからの失敗は、そうカンタンにはやり直しがきかないのです。


ブランディング転職プロジェクト