幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

50代の方の転職の考え方

50代の転職市場での位置付け

 

社会に出てはや30ウン年

 

職業人生の集大成となる50代であり、精神的にも肉体的にも「まだ若い者には負けん」という人も多いでしょう。

 

しかし残念ながら、転職市場においては極めて厳しい立場にあり、40代とはまた違ったレベルでの厳しさがそこにはあります。

 

50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

非常に優秀なキャリアの持ち主であっても、いや優秀なキャリアの持ち主であるほど、それに見合った求人・ポストが乏しいのが現実です。

 

大変失礼な言い方になりますが、賃金が割高になっている50代は、多くの企業にとっては「採用したい年代」ではなく「辞めさせたい年代」になっています。

 

したがって、多くの場合、少なくとも高い条件で外部から新たに採用する対象ではなくなっているのです。

50代のキャリア構築と転職

 

60歳以降の雇用延長の動きがあるとは言え、50代はキャリアの最終コーナー。

 

キャリアの構築の段階はとっくに終わっています。

 

焦点は「キャリアをいかに全うするか」であり、ここからは積極的に新しい仕事や新しい世界にチャレンジすることはイメージしづらくなります。

 

多くの人は、「つつがなく定年まで今の会社に勤めたい」と願うことでしょう。

50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

 

その希望がかなうことを私も願いたいですが、大手企業であっても高齢社員を大量にリストラする時代です。

 

キャリアの終盤になって望まない転職活動を強いられる可能性は十分にあります。

 

そしてその場合、多くの人は自分に対する需要の少なさ選択肢の乏しさ条件の低さに愕然とすることになります。

 

早期退職優遇制度など、応じるか否かを選択できる状況であれば、退職には慎重になるべきです。

 

今よりも良い仕事を得られる可能性は、非常に限られるのです。

 

50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

結果として新たな道を進むことになった場合は、それまでとは違う価値観を持って仕事を楽しむことが大切になるかもしれません。

 

1人でも多くの方に、職業人生の「有終の美」を飾って頂きたいと、切に思います。

 


ブランディング転職プロジェクト