幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

50代の方の応募の取り組み方

あらゆる差別化要素を採り入れる

 

50代の方への人材需要は、40代以下と比べても極端に落ち込みます。

 

特に高い条件の求人案件は極めて限られると言って良いでしょう。

 

人材紹介会社を活用できる方も、40代よりもさらに絞られます。

 

したがって、多くの方は自力で採用への道を切り開かなければなりません。

 

50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

この年代では、他の年代と同じような意識・手段で取り組んでもなかなか転職先を得ることはできません。

 

やれることは何でもやる」という覚悟が必要です。

 

ライバルに差をつける、あるいは極力ライバルと戦わないで済むための「差別化要素」を、転職活動の中にできる限り採り入れることが大切です。

 

転職活動の差別化にはいろいろなレベルで様々な要素がありますが、たとえば下記のようなものが挙げられます。

 

(※それぞれの詳細については当サイトの該当ページを参照して下さい)

 

  • 郵送での応募を実行する
  • 50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

  • 自己PR文を作成する
  • 幅広いチャネルで求人を探す
  • 知人に推薦状を書いてもらう
  • 人脈を徹底的に活用する
  • 条件外応募を実行する
  • 潜在需要応募を実行する
  • 面接後に礼状を郵送する

 

こうした差別化要素を1つでも多く採り入れることが、50代の転職を成功させる可能性を高めることになります。

 

あなたがまだ実行できていないことはたくさんあるはずです。

最大の資産である人脈活用がカギ

 

上記の差別化要素の中でも最も重要と言えるのが、「人脈の活用」でしょう。

 

50代の方の長いキャリアは、多くの優れた業務経験や実績をもたらしているはずですが、残念ながらそれでもなかなか採用には至らないのがこの年代の厳しさです。

 

50代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

 

しかし、長いキャリアがもたらしているものはそれだけではありません。

 

あなたにはこれまでに培った、多くの有益な人脈という財産があるはずです。

 

50代の転職活動において最も強力なのは、「人の結びつき」です。

 

この最大にして最強の財産を活かすことが、50代の転職を成功させるためのカギとなります。

 

人脈を活用することには、その効果の裏返しに相応のデメリットもありますが、人生経験豊富なあなたなら、そのデメリットを抑えてメリットを享受する術もお持ちのはず。

 

あなたが持てるすべてのものを駆使して、キャリアの終盤を飾るにふさわしい職を手に入れて下さい。

 


転職特別講座STAGE0