幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

40代の方の転職の考え方

40代の転職市場での位置付け

 

40代ともなると、サラリーマン生活も20年を超えるベテランになります。

 

40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

例外なく豊富な業務経験を持っている一方で、重要な役職に就く人そうでない人に明確に分かれてくる年代です。

 

同様に、転職市場でも、キャリアを高く評価されて高待遇で多くの会社から声が掛かる一握りの層と、平凡な条件でもなかなか声が掛からない層の「二極化」が進みます。

 

30代以下と比較して人材需要が急激に減る40代では、明確な強みがなければ転職市場では非常に厳しい立場に置かれることになります。

 

転職コンサルティングの需要が最も大きいのもこの40代です。

40代のキャリア構築と転職

 

40代のキャリア評価が30代以下と大きく違う点の1つは、「マネジメント能力」が明確に問われるということでしょう。

 

30代以下では1プレーヤーとして優秀であれば、社内でも転職市場でもそれなりに評価され、重用されます。

 

しかし、40代ともなれば、組織の長として部下を率い、組織として成果を出すことができる人材であるかどうかが問われます。

 

40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

名選手必ずしも名監督ならず

 

という言葉もありますが、選手と監督に求められるのは別の能力であり、プレーヤーとして優秀だったとしても、マネージャーとして有能とは限りません。

 

マネジメントができなければ、いずれ社内では低い待遇に甘んじることになりますし、若い人に取って代わられ働き場所を失うリスクに追われることになります。

 

外部から新たに人を雇い入れる転職市場においてはさらにシビアです。

 

仕事ができてもマネジメントができない40代の人材を積極的に採用しようとする会社は、まず無いと考える必要があります。

 

したがって、年齢相応の役職・マネジメント経験があることが、40代の転職に成功するための大きな条件の1つと言えるでしょう。

 

可能な限り、マネジメントかそれに準ずる経験・実績を積んでおくことです。

 

応募書類や面接の中でも、マネジメントスキルをどれだけアピールできるかで評価は大きく違ってくるのです。

 

40代前半と後半の違い

 

30代に比べれば、前半と後半の差は小さいと言っても良いでしょう。

 

逆に言えば、それだけ40歳というのが転職市場での大きな境になっていると言えます。

 

40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

すでに大台に乗ってしまったのであれば、焦っても仕方ありません。

 

40歳にして惑わず」と言いますが、職業人生の折り返しを過ぎて、残りの期間をどのように働いていきたいのかをしっかり見つめ直すことが大切です。

 

 

ただし、50代となると転職市場においては極めて厳しい状況になりますので、50歳目前の方は動くならその前に動く必要があります。


ブランディング転職プロジェクト