幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

40代の方の応募の取り組み方

人材紹介会社の活用は二極化

 

20代、30代に比べ、40代は人材紹介会社が「人を選ぶ」傾向がさらに強まります。

 

高い学歴と職歴、そして優れた業務実績を持つ一部の人に対しては、幹部社員候補として積極的にサポートを行います。

 

いわゆる「エグゼクティブ層」と呼ばれるタイプの方たちです。

 

しかし、残念ながら特筆すべきキャリアを持たない多くの40代の方は、人材紹介会社が積極的にサポートを行う対象から外れてしまいます。

 

40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

それは、企業の40代に対する人材需要を反映しているのです。

 

したがって、40代の方は自分がどちらの層に属するのかを見極めた上で、転職活動に取り組んでいくことが必要です。

 

その見極め方は他の年代と変わりません。

 

応募書類でも口頭でも、自分のキャリア説明やアピールがしっかりできるように準備してから人材紹介会社にアプローチし、自分がどのような対応を受けるのか、肌で感じることです。

 

そこで色よい反応が得られれば、あなたは転職市場で高く評価される人材であり、人材紹介会社のサポートを受けて転職に成功できる可能性が高くなります。

 

しかし、しっかり準備をした上で数社にあたっても色よい反応がまったく得られないようであれば、人材紹介会社のサポートは諦め、その他のチャネルで転職活動を行なっていく必要があるでしょう。

差別化要素を最大限に採り入れる

 

40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

客観的に見てかなりのキャリアの持ち主であっても転職活動で苦戦を強いられることが多いのがこの40代です。

 

もちろん個人差はありますが、そこでは当たり前」の転職活動では成果を得ることは難しい、ということを理解し、活動する必要があります。

 

別の言い方をすれば、活動内容にどれだけ人と違う「差別化要素」を採り入れることができるかどうかが成果を左右する、ということです。

 

転職活動の差別化にはいろいろなレベルで様々な要素がありますが、たとえば下記のようなものが挙げられます。
(※それぞれの詳細については当サイトの該当ページを参照して下さい)

 

  • 郵送での応募を実行する
  • 自己PR文を作成する
  • 40代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

  • 幅広いチャネルで求人を探す
  • 知人に推薦状を書いてもらう
  • 人脈を徹底的に活用する
  • 条件外応募を実行する
  • 潜在需要応募を実行する
  • 面接後に礼状を郵送する

 

こうした差別化要素を1つでも多く採り入れることが、40代の転職を成功させる可能性を高めることになります。

 

あなたがまだ実行できていないことはたくさんあるはずです。

 

努力・手間を惜しまず、希望の職場を手に入れて下さい。


転職特別講座STAGE0