幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

30代の方の応募書類の作り方

ずばり経験・実績がモノを言う

 

30代と言っても昨日まで20代だった人と40歳手前の人ではかなりの違いがありますが、中堅社員として、実務の主力として活躍する年代になります。

 

中途採用を行う企業にとっても、30代になれば基本的に経験豊富な即戦力であることを期待しての採用になります。

 

20代のように、入社後の成長やスキルアップを期待してのポテンシャル採用の余地はほとんどありません

 

応募書類では、その道の一人前の職業人として、純粋に実務経験業務実績が求められる水準に達していることを伝える必要があります。

 

30代の方の応募書類の作り方|幸せなサラリーマン講座

「これからがんばって身につけるつもりです」

 

ではなく、基本的には、

 

すでに身につけています
入社後すぐに貢献できます

 

でなければならないのです。

 

あなたのスキルの高さを示す証拠を、数値などできるだけ定量的な形で示すことが大切です。

 

 

また、1プレーヤーとしてのレベルの高さを明確に示した上で、一定のマネジメントリーダーシップの経験・実績をアピールすることができれば、より高い評価を得ることができるでしょう。

30代の方の応募書類の作り方|幸せなサラリーマン講座

 

プレーヤーとして優秀であっても、マネージャー・リーダーとして優秀とは限りません。そこには別の能力が必要だからです。

 

プレーヤーとして優秀なあなたがすでにマネジメント・リーダーシップの経験・実績を持つことがわかれば、採用担当者は将来の管理職候補としてあなたの採用にきっと前向きになることでしょう。

書類作りの実際

 

キャリアが長すぎず短すぎず、アピールできる業務経験や実績も相応に積み上がっている(はずの)30代は、応募書類を最も無理なく仕上げられる年代と言えます。

 

逆に言えば、この年代で書ききれないほどの転職歴があったり、紙面を満たすのに十分なアピール材料がないようでは、苦戦は避けられないでしょう。

 

30代の方の応募書類の作り方|幸せなサラリーマン講座30代の履歴書

 

※詳しくは「履歴書の技術」のパートを参照して下さい。

 

特筆すべきことはあまりありません。

 

まずは学歴・職歴は1枚目にきっちり収め、2枚目は自分に都合の良い項目およびレイアウトを選ぶ、という原則を守ることです。

 

年齢別・30代の履歴書|幸せなサラリーマン講座

 

スペースに余裕があれば、職歴欄において会社の基本情報や配属を、もし役職経験があれば必ず明記しましょう。

 

30代の方の応募書類の作り方|幸せなサラリーマン講座30代の職務経歴書

 

※詳しくは「職務経歴書の技術」のパートを参照して下さい。

 

分量的には3枚標準として無理なく収めるのが良いでしょう。

 

30代ともなれば、転職経験がある人は少なくありませんし、転職はなくても社内での異動は何度か経験しているのが当たり前の年齢ですから、社歴や職歴それぞれの職務内容を記述するだけでもそれなりのスペースが必要になります。

 

その上で、「あなたを採りたい」と思わせるだけの実績やスキルレベルなどの差別化要素を盛り込む必要があるので、その程度の枚数は必要になるはずです。

 

年齢別・30代の職務経歴書|幸せなサラリーマン講座

 

実績等の明記が重要なことはすでに述べた通りです。

 

その領域に不案内な人間が見ても内容・レベルが把握できるように、できるだけわかりやすく具体的に記載しましょう。

 

年齢別・30代の職務経歴書|幸せなサラリーマン講座

 

なお、転職経験のある人は、退職理由を職務経歴書の中で具体的に説明されることをお勧めします。

 

過去の退職理由は採用側が最も関心のある要素の1つであり、書類上で納得性の高い退職理由を用意しておくことが、書類選考にも面接にもプラスに働きます。

 

30代の方の応募書類の作り方|幸せなサラリーマン講座30代の自己PR文

 

※詳しくは「自己PR文の技術」のパートを参照して下さい。

 

年齢別・30代の自己PR文|幸せなサラリーマン講座

30代は、純粋な実績やスキルレベルが問われる年代です。

 

しかし、そこで強力にアピールできない、あるいはライバルよりも劣る場合は、別の土俵で挽回する必要があります

 

そのための最適なツールが「自己PR文」です。

 

よくできた自己PR文は、あなたの人間性や仕事ぶりへの「共感」を感じさせ、現時点での実績やスキルがライバルよりも多少劣っていたとしても、

 

この人を面接に呼んでみたい
この人なら会社に貢献してくれそうだ

 

と採用担当者に思わせることが可能だからです。

 

強力な自己PR文は、単に書類選考を通過できる確率を高めるだけでなく、面接の選考にも大きく影響します

 

履歴書と職務経歴書だけでなかなか結果が出ないのであれば、自己PR文が突破口になる可能性は大いにあります。

 


ブランディング転職プロジェクト