幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

30代の方の転職の考え方

30代の転職市場での位置付け

 

30代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

社会人も10年選手となり、様々な業務経験を積み、体力的にもまだ十分に若い。

 

そんな30代は、会社の現場を支える主力と呼ぶべき存在となっています。

 

転職市場においても、多くの業界では油の乗った30代に対しては大きな人材需要があります。

 

売りどき」を間違えなければ、納得できる転職も十分に可能でしょう。

30代のキャリア構築と転職

 

未熟さが許され、また方向転換も可能だった20代と異なり、30代はそれなりの経験・実績を伴った中堅として評価されるべき年代です。

 

キャリアの方向性がしっかりと固まり、そこで年齢にふさわしい経験・実績を残せているかどうかが問われることになります。

 

30代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

大局的に見れば横並びとも言えた20代に比べ、個人間で大きな差がつき始めているのがこの30代の特徴でもあります。

 

10年以上に渡って同じ業務領域で実績を積み上げて確たるポジションを築いている人と、転職・キャリアチェンジを繰り返して一貫性を失っている人とでは、人材評価は大きく異なってきます。

 

30代ともなれば、転職活動において未経験領域でのポテンシャル採用はかなり難しくなり、原則として即戦力であることを期待しての採用となります。

 

あなたが今の領域で十分な経験・実績を積めていないのであれば、転職活動で苦戦することは必至です。

 

今の状態でより良い職場を探し求めることよりも、まずは足場を固め、実績を積み上げることが優先となるでしょう。

 

 

一方、すでに着実に実績を積み、高いキャリア評価が得られる人は、多くの選択肢を持つことができるでしょう。

30代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

 

それだけに、今までのキャリアを無にしないように、転職は慎重に検討することが必要です。

 

転職は、それまで社内外に築いた多くの資産をリセットしてしまう行為でもあります。

 

特に、今の会社一筋で転職経験が無い人は、世間の相場に疎いために今の待遇が恵まれたものであることを知らず、不当な不満を募らせていることがあります。

 

(今思えば、昔の私がまさにそうでした…)

 

あなたにとって本当に転職が必要なのか、冷静に考えることも必要でしょう。

 

30代前半と後半の違い

 

30代と言っても、まだ10年未満のキャリアで20代と大差ない人から、キャリア20年近い(高卒の方なら20年超)のベテランまで幅広いのがこの年代の特徴です。

 

30代と一括りにしてしまうことには抵抗を感じるくらいに、前半と後半では意味合いが大きく異なってきます。

 

30代の方の転職|幸せなサラリーマン講座

30代前半の場合は20代と同様に、場合によってはそれ以上に旺盛な人材需要があり、応募先探しにも苦労することはほとんどないでしょう。

 

しかし、30代後半になると様相がかなり変わってきて、採用に慎重になる会社、門戸を閉じてしまう会社が増えてきます。

 

特にIT系などの場合はその傾向が顕著です。

 

つまり、30代は「キャリアの転換期」だと言えます。

 

そして、40歳の大台に乗ると、求人需要はさらに大きく減ることになるので、40歳前の人はそのことを頭に置いて検討することが必要です。

 

また、30代後半は、1プレーヤーとしてだけではなく、マネジメントの能力が問われ始める年代とも言えます。

 

可能な限りマネジメントおよびそれに準ずる経験を積んでおきたいところです。

 


転職特別講座STAGE0