幸せなサラリーマン講座|理想の転職・キャリア・収入を実現

MENU

20代の方の転職の考え方

20代の転職市場での位置付け

 

内定獲得後の対応|幸せなサラリーマン講座

若くて体力があり、頭も柔らかく、変化にも柔軟に対応できる。

 

そして、安価な報酬で雇用でき、長時間の労働にも耐えられる。

 

そんな20代の方に対しては企業の採用意欲も旺盛で、転職市場での主役と言って良いでしょう。

 

まだ十分な経験やスキルが伴っていなくても、今後の成長と貢献が見込める人材であれば、ポテンシャル採用が十分にあり得るのもこの年代の特徴です。

 

その意味では非常に選択肢に恵まれた年代と言えるでしょう。

20代のキャリア構築と転職

 

20代は長い職業生活の基礎を築く時期であり、そこでの働き方がその後のキャリア形成に大きく影響します。

 

私のコンサルの20代受講者を見ていると、早期に安易な転職を繰り返して専門性・経験が分散してしまったことで、転職活動で同年代のライバルに苦戦している人が多いと感じます。

内定獲得後の対応|幸せなサラリーマン講座

 

現代の20代全体の傾向とは言えないかもしれませんが、「見切りの早さ」「我慢不足」がしばしば目につきます。

 

確かに、厳しい経済環境下で職場に人員の余裕は無く、若手社員の負担が以前よりも増したり、また会社や職場の将来に希望を持ちづらくなっている面があることも事実でしょう。

 

しかし、「石の上にも三年」と言いますが、少なくともそのくらいの期間は腰を据えて1つの仕事に取り組まなければ専門性は身につきませんし、またその世界の良し悪しも見えてこないこともまた事実だと思います。

 

また、頻繁に一貫性の無い転職を繰り返すことは、いかにポテンシャル採用が可能な20代と言えども、仕事に対する考え方そのものを疑問視されかねません。

 

その一方で、明らかに会社・業界選びが間違っていた場合は、「方向転換は早ければ早い方が良い」こともまた事実です。

 

早く転じることで、それだけ早く経験を積むことができるからです。

 

 

いずれにしても、「会社を辞める」「転職する」というのは、後では取り返しの付かない重大な選択です。

 

内定獲得後の対応|幸せなサラリーマン講座

「やめておけば良かった」と後悔することにならないためにも、自分だけの判断で衝動的に動いてしまうことは避けましょう

 

正しい判断・選択を行うためには、できるだけ広く情報を集めたり、信頼できる相手に相談をすることが不可欠です。

 

あなたの掛けがえのないキャリアを大切にしましょう。

 

20代前半と後半の違い

 

20代と一口に言っても、20代前半後半では、キャリアの位置付けもかなり違ってきます。

内定獲得後の対応|幸せなサラリーマン講座

 

20代前半は社会人としても職業人としても基礎を築く、言わば「見習い」の時期です。

 

まだ十分な経験やスキルがなくても許容されますし、未経験の業界に移ることも比較的容易です。

 

 

しかし、20代後半になれば、自分の仕事を一人前にこなせることはもちろん、後輩への指導やリーダーシップも求められるようになりますし、早い会社では役職に就く人も出てきます。

 

内定獲得後の対応|幸せなサラリーマン講座

転職する場合も、30歳に近づくほどに未経験業務へのポテンシャル採用は難しくなり、それなりの経験や実績が問われるようになります。

 

キャリアチェンジを目指すよりも、今の業界・職種で経験・実績を積み、同業他社に好条件で欲しがられるような人材を目指していくことが望ましい段階に入ると言えるでしょう。

 


ブランディング転職プロジェクト